HOME > 短期滞在

短期滞在 ビザ について

「短期滞在ビザ」とは観光、親族の訪問、業務連絡、市場調査などの90日以内で来日される際の申請です。

具体的に申し上げますと

Ⅰ 知人や親族の訪問
Ⅱ 保養や療養
Ⅲ アマチュアの競技会やコンテストなど
Ⅳ 冠婚葬祭
Ⅴ 会議や会合に出席
Ⅵ 報酬を受けない講演、講義
Ⅶ 契約調印
Ⅷ 市場調査   

などがございます。
この短期滞在の期間は原則として、日本において報酬を得る活動をしてはなりません。
以下に「短期滞在」の詳細を記載しておりますのでご確認くださいませ。


日本に短期間滞在しての観光、通過の目的で滞在、知人や親族訪問、アマチュアスポーツ競技参加、保養、治療、病気の見舞い、市場調査、業務連絡、商談、契約書の調印、各種見学、講習会出席、姉妹都市等への訪問、大学受験等の活動がこれにあたります。
「短期滞在」による滞在期間は90日もしくは30日又は15日以内の日を単位とする期間がありますが、この在留資格を有する外国人は報酬を得る就労活動はできません。
また、短期滞在者の「在留期間更新」については、法務大臣が「更新を適当と認めるに足りる相当の理由がるとき」に限り許可されますが、査証(ビザ)免除措置により入国したアメリカ人又は日韓数次査証取決めの適用を受けて入国を許可された韓国人については、原則として更新は許可されません。

なお、この短期滞在の期間中は「日本で報酬を得る活動に従事しない」ことが要件となっており、資格外活動の申請は通常許可されておりませんので、注意が必要になります。

査証免除措置が適用がなく査証(ビザ)が免除されない、「短期滞在」を目的とする外国人の査証(ビザ)は、外国にある日本大使館、在外公館、領事館に発給を申請することになります。