HOME > 永住許可申請

永住許可申請 について

「永住者」の在留資格には様々なメリットがございます。

Ⅰ 在留(滞在)活動の制限がない。 つまり、職業の選択の幅が広がります。
Ⅱ 在留期間(滞在期間)の制限がない。 
Ⅲ 在留カードの更新は必要であるが、「素行が善良である」など要件を満たす限り、他の在留資格のように許可申請を行う必要はない。
などの安定して日本で生活が送れるようになります。

申請条件が厳しい在留資格ではありますが、取得するメリットは多数ございます。詳細の要件などは是非ご相談のくださいませ。
以下に「永住許可申請」の詳細を記載しておりますのでご確認くださいませ。



日本で就職し、妻子を呼び寄せたり、あるいは日本人と国際結婚をする等をして、日本で居住歴が長くなり、また、生活の基礎が日本にある等、将来にわたっても、日本に居住することを希望する外国人の方が増加しております。
そこで、日本への在留(滞在)が認めれられる在留資格のひとつに「永住者」があります。
外国人の方々は、永住許可を受ければ、日本に永住することが可能です。ただし、日本は移民を受け入れる政策を取っておりませんので、来日に際し「永住者」の在留資格は付与しておりません。
「永住者」の資格は、日本に入国して相当期間在留してから、法務大臣に永住許可申請をして取得することとなります。

「永住者」の以外の在留資格への変更については、法務大臣が変更を適当と認めるに足りる相当の理由があるときに限り許可するとされているのに対し、「永住者」への変更については、「素行が善良であること」および「独立した生計を営むに足りる資産または技能を有すること」の要件に適合し、かつ、「その者の永住が日本国の利益に合する」と認められているときに限って許可するとされております。
一般の在留資格の変更より厳しい基準が定められており、実務上も概ね10年以上引き続き在留していることが永住許可の審査基準の一つになっております。