HOME > 在留資格変更許可申請

在留資格変更許可申請 について

外国人の方々が現在の在留資格以外の資格で日本に滞在(在留)する場合に必要とされる手続きが「在留資格変更許可申請」になります。

Ⅰ 日本人と結婚する
  日本人の配偶者等 ビザ
Ⅱ 日本人と離婚をする
  定住者 ビザ など
Ⅲ 学校を卒業し日本の企業に就職をする
  技術・人文知識・国際業務 ビザ
Ⅳ 学校を卒業し日本で起業などの事業を始める
  経営・管理 ビザ
などの場合に必要な申請となります。

ライフスタイルの変化により、もともと持っているビザ(在留資格)を変更する手続きになります。
この申請を在留資格変更許可申請といいます
以下に「在留資格変更許可申請」の詳細を記載しておりますのでご確認くださいませ。


日本に在留中の外国人の方が、現在行っている活動を止めたり、在留の目的を達成や終了をした後に、別の在留資格に属する活動を日本で行おうとする場合や、新たに「永住者」「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」「定住者」の身分や地位をもって在留しようとする場合に必要な手続きです。

よくある例は、留学生が日本の大学等を卒業して日本において就職する場合で、この場合、在留資格を「留学」から「人文知識・国際業務」や「技術」等に変更することになります。 また、「技術」等の在留資格ですでに就労している外国人が日本人と婚姻すれば「日本人の配偶者等」へと変更し、「日本人の配偶者等」で在留していた人が日本人の配偶者と死別した場合などには「定住者」へと変更するケースなどもあり、すべての在留資格変更に該当します。

この在留資格の変更は在留期間の更新と異なり、変更を希望する時点いつでも申請することができます。しかし、要件を満たしていない場合などには不許可となることもあるので十分な注意が必要です。